自宅で動画ウェビナーを撮りました

どうも!佐々木です^ ^

情報発信をしたいと考えたとき、

オフライン・オンラインでも直接セミナーを開催したり、勉強会を開いたり、

またオンラインではSNS、メルマガなどを使ってやることができます。

そして現代なら動画を撮ってYouTubeにあげたり

ミーティングアプリを使ってウェビナー(ウェブセミナー)もできますね。

その際セミナールームや会議室を料金を支払って借りてやることができますが、

実は自宅でも今ある物だけ使ってやることも出来ると思います。

今回僕はホワイトボードを買ってやりましたが、

なくてもできます。

どうやってウェビナーをやるか、お金かける方法、安くする方法をまとめます。

お金をかける方法

用意するもの

ホワイトボード、プロジェクター、パソコン(なければ)、カメラ、動画編集ソフトがあります。

そのうち、今回僕が用意したものはホワイトボードです。

120×90cm、足つきのもので、新品だと15000~20000円です。

しかし、僕は新品である必要がないため、中古の訳あり品を購入しました。

買ったところは「ジモティー」です。 3000円で購入しました笑

メルカリとかでも売ってるかもしれません。

その他は特に用意してません。

使ったものはあとはパソコンで動画編集をしました。

動画編集ソストに関しては以前買って使ってた4000円のものですが、

カットのみだったらスマホアプリなんかでもできますので、ソフトは必要ないですね。

また、カメラは、スマホで取りました。

プロジェクターは買ってないですが、相場は2万~10万はしますね。

会議室・セミナールーム

これも安いところ高いところ、ありますね。

地域によっても違います。

僕は自宅で撮ったので借りてないですが、調べたら地方だと1番安いところで公民館とかだと1時間200円のところもありました笑

あとは1時間1000円とかでした。

会議室やセミナールームと検索するといろいろありますよ。

安く撮る方法

先程申したように、僕は自宅で撮りました。応接室で取りました。

やはり自宅がお金かからないですね。

ただ、服装、背景など映るものは意識した方がいいと思います。

そしてホワイトボードですが、なくてもやる方法はあります。

用意するもの

まず用意する物はスマホ。そしてスマホスタンド、そしてあればノートパソコンを使うといいと思います。パソコンがなければ、変わりにフリップでもいいのではないでしょうか。

あるものと言いましたが、ミニホワイトボードやスマホスタンドなら100均で買えますね。

方法

まず、デスクやテーブルに座り、スマホスタンドを立てて対話する感じです。

上の画像のような感じでどうでしょう?

パソコンを使わなければ、変わりにミニホワイトボードでもいいでしょう。

パソコンなら、動画編集でスライドを入れると視聴しやすいですね。

まとめ

動画ウェビナーも、お金をかける方法、安く済む方法といろいろなやり方があります。

結局僕は今回はホワイトボード3000円+送料2000円で購入し、動画ウェビナーを作りました。

こだわっていろいろやってみるのも面白そうです。

また、今後実際にセミナーをやりたいので、

僕はいろいろなやり方を試していきたいと思います。

またよろしくお願いします!

おすすめの記事